航空工学研究ほうほう会

航空工学という言葉に難しいイメージがあるせいか、航空工学は避けられやすい分野の一つです。

でも航空工学ってすごいんです。飛行機やヘリコプターなどの航空機にはなくてはならない学問です。今や航空機は社会インフラの一つですからとても重要な分野の一つですね。

そもそも航空工学は空を飛ぼうというものですから、とてもロマンチックな分野でもあるんです。とはいえ、飛行機がここまで当たり前になると、飛ぶことに対して感動が薄れてきたせいか、なかなかそういう風には感じにくくなってきているのかもしれません。

そんな航空工学に関するいろいろについて取り上げています。

航空工学研究ほうほう会 メニュー


気になる記事ピックアップ

垂直離陸
ヘリコプターのように滑走路を必要とせずに垂直離陸ができて、しかも飛行機のように速く飛ぶこともできれば、飛行機とヘリコプターの両方のいいとこどりです。さらにヘリコプターのようにホバリングできるなれば、空での利便性は最強ですね。でも燃費や経済性はかなり犠牲になりそうです。

貨物機
貨物機は世界の物流を支える柱の一つです。 よく海外から商品を取り寄せるときに選ぶことになる空輸と船便。 この空輸を担うのが貨物機ですね。 貨物機は.....

鳥人間コンテストの歴史
鳥人間コンテストは「鳥人間コンテスト選手権大会(とりにんげんコンテストせんしゅけんたいかい、JAPAN INTERNATIONAL BIRDMAN.....

凧(たこ)
凧も空飛ぶ遊び道具です。 凧は昔からある遊び道具ですね。ぶつかる風の力と、タコ糸による引っ張りの力のバランスから空へと上昇していく単純な仕組みです.....

世界遺産のアユタヤ2
アユタヤはバンコクからのバスなら北バスターミナルから、約1時間半~2時間で着きます。 20分~30分間隔で運行しています。鉄道なら、ホアランポーン.....

機体の大小
大きな機体の飛行機ほど乗り心地はいいようです。小さい飛行機の場合だと、比較的小さな気流の乱れなどでも機体が揺れたりします。ですので、飛行機に乗ったことがない人や、飛行機に不安を感じる人は、できるだけ大きな飛行に乗ることを心がけるといいでしょう。

戦闘機
航空工学もまた軍事産業と切っても切れない関係にあります。 軍事産業によって発展・進化した技術や学問は航空工学だけではないですが、航空工学では軍事とは特に近.....

鳥人間コンテストの見方
鳥人間コンテストにはいろいろなドラマがありますね。 競技で上位を競う人たちはもちろん、それ以外の人たちにもすごい見所があります。鳥人間コンテストには笑いあ.....

花火
花火は火薬の力によって、打ち上げられるものです。飛行という感じではないですね。 花火の打ち上げは一瞬ですから。打ち上げられた一瞬の時間で、開き夜空にきれい.....

世界遺産登録
世界遺産登録を目指す名所は多いです。世界遺産になることでものすごく知名度が上がることが期待されますし、観光面でもかなりのプラスに働くためでしょう。でも簡単になれないのが世界遺産です。時間をかけた非常に厳しい審査のうえで登録が吟味されます。だからこそ価値があるんでしょうね。

航空工学のこと
航空工学(こうくうこうがく)とは、航空機の設計や製造、運用、整備などに関わる工学です。航空工学では流体力学.....

ゼロ戦
ゼロ戦といえば第二次世界大戦で名を上げた世界有数の戦闘機です。ゼロ戦は「零式艦上戦闘機」の略ですね。ゼロ戦.....

手作り飛行機の難しいとこ
手作り飛行機で一番難しいところは矛盾する二つをどこで折り合いをつけるかと言うことでしょう。 例えば、長距離.....

紙飛行機
紙飛行機は男の子なら必ずする遊びの一つだと思いませんか?紙飛行機は多くの子が自分のオリジナルを折り込もうと.....

安全
飛行機に限らず乗り物は安全でなければいけません。安全に利用できないのであれば、使い物にならないです。でも乗り物には危険もあります。危険やリスクを取り除いていかに安全に効果的に利用できるかを考えることがすごく大事です。安全の追求は機能の追求同様に終わりないことです。

航空工学と航空機

飛行機いろいろ

ヘリコプター

鳥人間コンテスト

航空工学コラム

空飛ぶいろいろ

雑談

航空関連語で遊ぶ

あたとれ

航空関連語で遊2

リンクについて

について. 英語・英会話の学習のことです. 中古車買取り/廃車/車検のことです. こどもちゃれんじ幼児教材のことです. 初めての投資信託のことです.

お問い合わせ

ご意見・ご感想・リンク・お問合せ等はこちらから。 (※スパム対策ですので、お手数ですがメールアドレス内の「_」を「半角@」に変更願います。)

Copyright © 2007~2013 航空工学研究ほうほう会. All rights reserved